【記憶に残るACのCM】「ポポポポーン」は親の作品 漫画家の発言に衝撃 不謹慎と思っていたら...

122pt   2018-09-14 07:00
まんがとあにめ

1: ひぃぃ ★ 2018/09/12(水) 12:12:12.88 ID:CAP_USER9
漫画家の根本尚さんがツイッターを更新し、ACジャパンのCM「あいさつの魔法」が自身の親が制作に関わった作品であると明かした。

CM内のフレーズ「ポポポポーン」が流行語になるなど今でもその存在が知られる作品のエピソードに衝撃が広がっている。

■「私の親だった」

2018年9月10日、根本さんはツイッターで、「3.11のときACのCMで『ポポポポーン』というのがエンドレスで流れつづけた」と当時を振り返り、こうコメントした。

 「『この深刻なときに、なんだこれは。作ったやつは誰だ!』と思っていたら私の親だった」

「あいさつの魔法」は挨拶の励行をテーマにした10年度の作品。一躍脚光を浴びるようになったのは、11年の東日本大震災からだ。多くの一般企業がCM放送を自粛し、代わりにACジャパンCMが大量に放映された。その中で「あいさつの魔法」は挨拶に絡めた動物たち「こんにちワン」や「ありがとウサギ」、「さよなライオン」の存在やネット流行語大賞2011の金賞を獲得したセリフ「ポポポポーン」により視聴者の心に残るものになった。

放映当時はネットニュースで取り上げられたほか、ニコニコ動画などで二次創作動画が作られたことで更に話題を呼んでいた。

根本さんは18年9月11日現在、秋田書店の少女漫画雑誌「ミステリーボニータ」と「プリンセス」で連載を行っている。過去には週刊少年チャンピオンで「現代怪奇絵巻」が掲載されていた。また、個人サークル「札幌の六畳一間」を運営して、同人誌の制作も行っている。

根本さんの投稿に対して、ツイッター上では、

 「老若男女が知る代表作ですね」
 「今見ると、ふつうの啓発CMですね。ヘビーローテーションしてたのが悪いような」

といった反応のほか、この作品を見ることで東日本大震災を思い出すという人もいて「ごめんなさい、あのCMトラウマです。。。」といった声も見られた。

投稿は、11日夕時点までに「リツイート」が約1万件、「いいね」が約2万7000件集まっている。

■実際に確認してみると

ACジャパン広告作品アーカイブの作品ページで、スタッフのクレジットがなかった。

J-CASTニュース編集部は18年9月11日、「あいさつの魔法」を制作した東急エージェンシー北海道支社に取材した。

根本さんの父親なのかはわからないとしつつも、姓が同じで。当時の制作部門の責任者で作品にはディレクターとして関わった根本信男さんの存在を教えてくれた。しかし、すでに定年退職しており、ここで確認が取れなかった。

発言主である根本さんにもメールを通じて取材を依頼したが、

 「親がどうこうは私の個人的なことなので、お答えしません」

と返答があった。

2018年9月11日 19時57分 J-CASTニュース
   おもしろネタアンテナトップページへ
おもしろネタの話題が沢山。