大腸菌にマジックマッシュルームのDNAを組み込み、幻覚性大腸菌を作り出すことに成功。うつ病の治療に期待(米研究)

56pt   2019-10-09 09:30
カラパイア

4c1f63de.jpg
image credit:Pixabay
 世界中に広く自生し、200種類以上もあるとされるマジックマッシュルーム。サイケな幻覚作用を作り出すことで知られているが、それを引き起こすのはシロシビンという化学物質だ。

 シロシビンは、依存症・うつ・不安神経症・PTSDといった症状の治療効果が期待されている。今回、アメリカの研究グループは、私たちのお腹の中にいる細菌の細胞にマジックマッシュルームのDNAを組み込んで、キノコと同じくらいシロシビンを作り出してしまう「幻覚性大腸菌」を誕生させたのだという。

 幻覚性大腸菌がうつ病などの治療に役立つことが期待されている。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   おもしろネタアンテナトップページへ
おもしろネタの話題が沢山。