古いヨーロッパの本には、通常では気付かない場所に「絵画」が隠されていた

31pt   2017-03-20 22:39
らばQ

81fb4546-s.jpg
17世紀~19世紀のヨーロッパでは、通常では気付かない場所に絵画を隠した本が流行ったそうです。

イギリス発祥の「小口絵」“fore-edge paintings ”と呼ばれる、ユニークな装丁技術をご紹介します。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=2382365&name
   おもしろネタアンテナトップページへ
おもしろネタの話題が沢山。