永久凍土から古代ウイルスが解き放たれ、世界的流行の恐れ(フランス研究)

90pt   2017-05-19 09:30
カラパイア

1ef118d6.jpg

 過去数十年、地球の最北端で熱心に作業を行う専門家たちによって、いく種類かの古代のウイルスが発見されてきた。

 2015年、シベリアでは3万年前のモルウイルス・シベリカムが発見され、実験室の中で目を醒ました。

 こうした状況に警戒する向きもある。温暖化により北極圏の永久凍土は溶け続けており、古代のウイルスが解き放たれる恐れがあるというのだ。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=2628902&name
   おもしろネタアンテナトップページへ
おもしろネタの話題が沢山。